専業主婦 カードローン

消費者金融のカードローンを契約する際は総量規制にも注意

急なお金の必要性に見舞われた時、カードローンならば申し込みも簡単で、即日審査、即日融資を実現してくれます。ネットや電話、自動契約機、店舗窓口などで然るべき申し込みを行った上で個人専用カードを発行すると、それを用いて近くのATMに立ち寄るだけでスピーディーに融資金を引き出すことが出来るのです。ただし消費者金融のカードローンを申し込む際には注意も必要です。それはこの金融サービスは貸金業法に則って運営されており、なおかつ総量規制という決まり事が適応されているということ。総量規制とは消費者金融が利用者に対して融資できる限度額を取り決めており、一般的にそれは年収の3分の1を上限としています。もしも他社からの借り入れがあり、この総量規制の枠組みをオーバーするようであれば審査落ちしてしまいます。消費者金融でカードローンを活用する際にはこういった限度額のことをしっかりと踏まえた上で希望融資額を定めて、契約を進めていきたいものです。

カードローンの申込時に利用可能な収入証明書類とは

カードローンに申し込む時に希望限度額が多額になると、申込先のカードローン会社から収入証明書類の提示が求められますが、いったいどのような書類を用意しておけば良いのでしょうか。収入証明書類として利用できるものはカードローン会社によって異なりますが、サラリーマンや公務員などといった給与所得者の場合は直近の源泉徴収票や給与と賞与の明細書を、給与所得者以外の人の場合は直近の確定申告書の控えや課税証明書を用意しておけば大抵のカードローン会社で収入証明書類として受け取ってくれます。カードローン会社が申込者に融資を実施する際に重要視している要素の一つは、申込者の申し込みを行った時点における収入の状況です。申込者は申込時に自己申告で現在の収入状況を伝えますが、虚偽の内容をもとに申込者と契約を行うことが無いように、申し込みの時点における収入の状況を証明できる書類の提示をもとめて審査に利用します。もし、提示した書類に記載されている収入金額と自己申告した収入金額が異なっていると、虚偽の申告をしたとみなされて審査が不合格となるので注意が必要です。

カードローン会社からの郵送物を無くす方法はあるか

カードローンに申し込むと、何も希望しなければカードローン会社から自宅へ郵送物が送られてきます。(専業主婦 カードローンに申込む時の一番のネックですよね。)近年はカードローン会社も、郵送物の差出人の名義に自社の名称を使用しないようにするなど、利用者に配慮する試みを行っていますが、それでも自宅に書類が届くのが気になる人は数多くいます。カードローン会社からの郵送物を無くしたい場合は、店頭窓口か自動契約機から申し込むと良いです。店頭窓口や自動契約機からの申し込みでは、申込書の記入と、契約書やローンカードの受け取りをその場で済ませることができます。インターネットから申し込む際は、書類を郵送してもらうかどうかを決められるようになっていれば、自宅への書類の送付を無くすことができます。また、契約後にお金の借り入れや返済をおこなった場合にカードローン会社から送付される利用明細書についても、利用明細をインターネット上の専用ページで確認するようにすれば、書類が郵送されてこなくなります。ただし、返済を長期間滞らせた場合に郵送されてくる支払督促状などの郵送は、利用者側で回避することができないので注意しましょう。

カードローン会社の電話連絡を回避する方法はあるか

大抵のカードローン会社では、審査時に自宅や勤務先への電話連絡を行います。これは、申込時に申告された自宅や勤務先の電話番号が確かに存在し、実態があるかどうかを確認するために実施するもので、カードローンの審査における重要なプロセスの一つです。しかし近年は、インターネット上から申し込む場合に限り、この電話連絡を回避することができるカードローン会社も存在しており、カードローン会社からの電話連絡によって自宅の同居人や会社の同僚などに借金をする事実が知られてしまうのが不安な人にとっては便利です。ここで疑問となるのが、電話以外でどうやって自宅や勤務先の存在と実態を確認するのかという点ですが、多くのカードローン会社では、勤務先の社員証や在籍証明書、給与明細書、勤務先の企業で設置している健康保険組合の保険証など、申込者が確かに勤務先に在籍していることを証明できる書類を専用ページにアップロードして提示してもらうようにしています。

カードローンと明細書について

カードローンを利用する際、利用をしている事を家族に知られたくないと考える人は少なくありません。家族に気づかれる原因となる事が、電話と郵便物です。ですが、現在、カードローンのサービスを行っている消費者金融も、その事を理解している為、返済が遅れている等、問題がない限り、自宅に電話をするという事は殆どありません。ただ、返済が遅れた場合、電話連絡が入る可能性がある為、家族に知られたくないのであれば、遅れないように返済をしていく事が大切です。そして、もうひとつ気づかれる可能性があるのが郵便物ですが、WEBでの明細を利用する事で、明細書が自宅に届くという事がなくなります。明細書等が届く場合でも、封筒には消費者金融の名前を印刷せず、無難な業者名が印刷されている事が殆どで、明細書が届いた事によって、利用を気づかれる事はありません。ただ、返済が遅れると、明細以外の郵便物が届く事もあるので、カードローンの利用を気づかれたくないのであれば、返済が遅れないようにする事が大切です。